Beautiful days

●嵐■NEWS★細美武士▼Perfume and カメラ✡映画✡海外旅行

インフェルノ

心待ちにしていたインフェルノを観てきたので感想を書きます。

 

ネタバレ有りです。

 

まず私は原作の大ファンであり中学生の時にダ・ビンチ・コードという映画に出逢ってからダンブラウンの作品を全て読み新作がでる度に読んでいてインフェルノはかなり楽しみにしていた、何年も楽しみにしていた映画だった。結論から言うと本の景色がそっくりそのままスクリーンでみれてとても感動した。でも今回の話は終始教授の逃走劇で、ただいろんな場所を逃げているだけ、という印象だった。話をできる限りシンプルにし無駄なものを省いてわかりやすくしたんだろうけど、省きすぎでは。。。と思うところ多数、ハリーポッターの監督も原作ファンは自分が1番物語を知っていると思っている。とか言ってて原作厨うぜーんだなっていうのは伝わってきたけどこれは、まあ省かなきゃいけない部分があるのは分かるけどそれにしてもブゾーニが死んだとかシエナが頭が良い天才少女でそれ故にイタリア語も流暢に話せるとかそういうところまでも省かなきゃいけなかったのか?!と思ってしまった。原作と映画が違うのは当たり前のことだけど、それでもダ・ビンチ・コードや天使と悪魔は本と映画それぞれ好きなのに今回のインフェルノは映画のできは、どうなんだろうと思ってしまうところはある。いやほんとに壮大なスケールでラングドン教授の幻覚のシーンとか結構好きだしもちろんフィレンツェの街並みとかもここを教授が逃げてたのかー行きたい!ってなる所ばっかりだけど例えばボーボリ庭園やヴァザーリ回廊のシーンとかあっさりしすぎ、、、、ベリーソーリーがヴァザーリっていうのもなんかあっさりしてたしな。話の流れとかスピードを考えたら仕方ないのかもしれないけど、、、それで話は簡略化していてわかり易くてスピード感もあって良かったという人もいると思うけど私的にそれはそれでただ敵から逃げるだけっていう印象でしかなかったなぁ、、、、、、もちろん良い映画でもう1回みにいきたいと思ってるけど!それにシエナ博士と彼女のセオリーのジェーンで役全然違くてそれで余計にかっこいいなーって思った。


f:id:bell_kk:20161102213043j:image


それとインド人?の大機構の一番偉い人、ジュラシックパーク死亡フラグまみれでやっぱり殺された人でまさか今回も、、、、と思ったらやはり殺されてしまった( ̄▽ ̄;)ショーン・ビーンみたいな俳優なのか、、、?それで何となく納得できなくてダ・ビンチ・コード観始めたけどラングドン教授若い!!!!私が中学生の時だもんな、10年以上前か。映画のインフェルノにはダ・ビンチ・コードを1番最初に見た時の感動とか宗教に取り憑かれてもっといろんなことを知りたい!ってなった時みたいな感情はないな。ただ面白い映画ではあるけど。。。私はダ・ビンチ・コードも天使と悪魔もどっちも同じくらい好きだけど(本と映画もどちらも)このインフェルノの映画はシリーズ最高傑作とは言えないんじゃないかな。。。。。まあ何回も言いますがまとめると本にでてくる景色を壮大なスケール、クオリティでスクリーンで見れたことに感動したしまたロケ地巡りで行きたい場所が増えたし話ももちろん面白かったけど、あれ、ここどうなの?って点があるよねって感じです。


f:id:bell_kk:20161102213014j:image

本を読みかえそう。